良質な水でできた伝統的で使いやすい今治タオル

日本には数多くの伝統工芸品がありますが、それらは全て高級品のイメージがあり普段使いできるものはあまり見かけません。

しかし普段の生活の中で気がつけば使っているタオルですが、今治タオルは120年の伝統がある工芸品とも言えるタオルで普段使いできるような価格帯で販売されています。今治は四国の愛媛県北部にある地で同地域を流れる伏流水や地下水など重金属の濃度が低くい軟水で晒した染めなど繊維加工やタオル作りに適した良質な水が豊富という地の利がある場所です。

そこで良質で滑らかな水を使用する事で繊維が柔らかく滑らかな今治タオルが完成できるのです。その品質を支えているのが良質の水という訳です。今治タオルの特徴は見た目にこだわっていない点があげられます。単に見た目を良くしたりゴージャスを追い求めずに用途に応じて使い勝手のいいタオル作りをしている点があげられます。

伝統工芸品は見た目にもこだわっているため価格が高くなってしまいがちですが、なるべく多くの人に使って欲しいという思いから無駄を排除し使い勝手を求めた結果が今につながっているという訳です。汗や水分を早く吸収するためお風呂上りに体を拭いた時でもベタつかずにしかも滑らかなため肌にも優しいのも嬉しいポイントです。

本来これは柔軟剤を使わないとなかなか実現できない事ですが、それを使わずにここまで出来るのはすごい事ですね。今治タオル産地では高品質を保証するために四国タオル工業組合が定める厳しい品質基準をクリアしたものでなければブランドマークの使用とロゴマークを使用する事ができないためロゴの入っているものであれば安心して使用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *