普通のタオルと今治タオルとの違い

日本の国内だけではなく世界的な観点から見ても、非常に大きな注目を集めているのが愛媛県今治市で作られている今治タオルです。

では、普通のタオルと注目の今治タオルの間には一体どんな違いがあるのでしょうか。両者の間に見られる、非常に大きな違いの一つは吸水性です。実際、タオルを作る時には多くの工程で実にたくさんの水を使用するものです。この面で今治タオルを作る時には、重金属が少なく硬度が低い水を使用しているため、本来繊維そのものが持つ良さをより一層引き出すことができ、柔らかくて吸水性に富んだ仕上がりを実現することができたのです。

このようにして、肌触りが良く、しっかりと水を吸うタオルが出来上がりました。普通のタオルのようにまず一度洗濯をしてから使い始めるといった必要はなく、おろしたての状態でも水をしっかり吸ってくれるのが大きな特徴と言えます。また今治タオルを作る職人の強いこだわりのおかげで、普通のタオルとは大きく異なるもう一つの特徴を持つようになっています。その特徴とは安全性です。

タオル作りの職人は世界中から良質の綿だけを厳選し、それをもとに丁寧に糸を作り生地を作っています。さらに、ひとつひとつ手間暇をかけてさらしたり染めたりするといった工程を行なっているため、安全性の高い高品質のタオルが出来上がったと言えるでしょう。このような高い安全性も、一般のタオルと今治タオルの大きな違いとして知られています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *